浮世ブログ
longtail.exblog.jp

のんびりといきましょう
最新のトラックバック
男一人女一人いれば世界を..
from エクソダス2005《脱米救国..
TOEIC 勉強法
from TOEIC
コストコ
from コストコ 4割引
「オーシャンズ13」慌し..
from soramove
横浜ベイサイドマリーナの魅力
from 横浜ベイサイドマリーナ通信
初泳ぎ
from 初泳ぎ
英語部門情報商材-200..
from 英語部門-情報商材・評価ラン..
ネジ 規格 ねじ(螺子..
from ネジ 規格 ねじ(螺子・捻..
ケンコウ生活 
from ケンコウ生活 健康
速読できると
from 速読
フォロー中のブログ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧
それボク
 最近は少しずつ自分の中でゆとりが出来てきた(復活した?)というか、生活に落ち着きを取り戻しつつある。逆に言えば、ここしばらくどれだけ自分にゆとりが無かったかってことでもあるんだけど、、まあ長い人生だから精神的な起伏があっても当然です。

 映画をじっくり観るような時間も徐々に取れるようになりつつあるものの、絶対観たい!っていう作品が最近あんまり無いような気もする。単館上映系はそれなりに惹かれる作品が多いように感じるけど、全国ロードショー系の作品にあまりそそられるモノがないというか。。

 そんな中、迷わず「観たい!」と思ったのが『それボク』こと『それでもボクはやってない』

b0052601_0343397.jpg 冤罪というテーマにこれだけ正面から向かい合った周防監督に感服です。刑訴法を勉強すれば問題点として教科書に必ず出てくるような問題がことごとく映像化され、また法廷の雰囲気もよく出ていて、刑訴のイントロダクションにも使えそうな位の出来。

 取材を重ねてリアリティーを追求し、無駄な脚色・過剰な演出は入れなかったと監督がインタビューに答えていたのを見たけど、その言葉通り地味な展開の映画ながらも、着実に練られたストーリーで、やや違和感のある前半から現実味を増す後半(小日向サン登場)への切り替えなど、思わず唸ってしまう場面も。

 個人的には五つ★。しかしこれだけ真面目な作品で一般受けするのかなあ?ってちょっと心配だったけど、mixiのレビューなんかを観ても、評価は上々の様子でちょい安心。
 
 観る人に「無罪」を期待させつつ結果は … という流れも、日本の司法の現状を象徴しているようで、全体を通して優れた作品だなあとしみじみ思った次第。周防監督は司法の現状をありのままに映像化し、観る人に問題提起をしてくれた訳で、大事なのはこれを観た人が何を感じ、その後どう行動するかってことなんだと思う。

 しかしこういうある意味地味な作品が全国ロードショーされてるってのは、周防監督だからこそなせる業でしょうか?イージーなつくりの大衆娯楽作が増える中、こういう作品が脚光を浴びるのは良いことだと思います。『Shall we ダンス?』は海外でもヒットしたけど、『それボク』を外国の方が観たら果たしてどう思うだろうか?
[PR]
by ex-keita17 | 2007-01-31 00:59 | 息をぬく
豪華な2ショット
b0052601_0309100.jpg清原とイチローが合同練習 神戸で

 何とも素敵な2ショットが実現。

 ニュースで両者のインタビューを見たけど、二人共とても嬉しそうだったのが印象的でした。去年合同練習するって約束したのを清原選手がちゃんと守ってくれて感激! と語るイチローは眼が輝いてた感じ。

 この二人は今年どんな活躍をしてくれるんだろうか?と今から楽しみです。しかしイチローはいつ見てもかっこええ。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-01-30 00:32 | 野球
海でのはなし。
b0052601_23481960.jpg 『海でのはなし。』

 前から観たかったこの映画をようやっと鑑賞。

 スピッツのアルバムから生まれた映画 っていう話題が先行していたようなイメージがあったけど、なかなかどうしてちょっと小説風で素敵な映画。確かにシーンによってはちょっと音楽先行な感じのところもあったけど、セリフの無いシーンなんかではスピッツの曲(詩)がより耳に響くようで、スピッツの楽曲の良さも再認識出来たかも。

 主演の二人はなかなか役柄に合っている感じがして良かった。特に宮﨑あおいサンの楓役は瑞々しい感じでかわいかった。おまけに今話題の菊池凛子サンも出てたりして。

 西島秀俊サン演じるハカセ役はちょっと自分と似てるなあなんて思うところもあって、結構共感出来る部分も多い作品でした。タイトル通りのまさに海でのシーンとか、シンプルだけど心に残るシーンも多かったし、短いながらも爽やかにまとまった佳作って感じです。

 ラブストーリーという括りでは先日観た『愛ルケ』と一応は同じ?なんだけど、自分的にはこっちの世界観の方が全然イイなあと思うのであります。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-01-26 00:17 | 息をぬく
先の長い話
ソニーとFIFAのパートナー契約がスタート

 いよいよSONYのFIFAパートナーとしての活動が今月より開始。

 2014年までの8年間でFIFAの活動をSONYがどりだけ盛り立てたれるかちょっと楽しみ。この8年間でW杯が2010年・2014年と2回もある。先の長い話だけど、、逆に先が長い分余計に期待が膨らむ感じ。周囲でもチラホラFIFAって言葉が聞かれるようになり、自分も何らかの形でパートナーシップ活動の一環に関われるかもしれず、今後かなり楽しみであります。

 さらにまた2016年のオリンピックがもし東京となれば、臨海エリアはメインスタジアムやら選手村やらでかなり賑やかになりそう。自分の好きなスポーツ分野に仕事で関われるってことだけでも嬉しいけど、それがW杯やらオリンピックとなればこりゃもうサイコー。今後10年位は結構ワクワクしながら過ごせそう。

 これまで遊びやスポーツはあくまで趣味の世界のハナシで自分の仕事とは無縁だったけど、いざエンタテインメントに関わる仕事をしてみると、予想以上に仕事自体を楽しんで出来るというコトを発見。根が子どもっぽいから結構合ってるのかも。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-01-25 00:26 | ニュースを読む
愛ルケ
b0052601_0205353.jpg この手の映画って今まで見たこと無かったけど、「愛ルケ」の略称で世間でかなり話題だし、最近妙にハイレベルな自分の中の知的好奇心も手伝って、とりあえず一度観てみるかってコトで。

 仕事の関係で以前荒筋などを聞いてたこともあり、ストーリーにあまり新鮮味は感じ無かったけど、愛の行き着く果てというか、多分に文学的な要素のある内容はやはりかなり刺激的。自分の場合大切な人は宝箱に入れておきたいというか逆に距離は保っておきたいなんて思うけど、、映画の二人は互いにどんどんのめりこんで同化せんばかり。

 究極的にベクトルが合うとああいう世界もあるのかなあとも思うけど、自分のような人間にはどこか文学作品の中のちょっと浮世離れした話という印象は拭えず。。でもまあ相手の望みを叶えたいっていう思いはよく分かるし、人間なら誰しもが心のどこかにああいう熱情的な世界への憧れみたいなものはあるんだと思う。

 
 さてキャスト的にはメインの2人は良かったけど、ストーリーの脇を支える弁護人陣内・検事ハセキョー両氏がちょっと役柄に合ってなかったかなあという感想。2人共好きなタレントさんなだけにちょっと残念。役者ってのもまた難しい職業だ。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-01-24 00:37 | 息をぬく
割引天国
b0052601_08434.jpg 先日ソニースタイルで買ったウォークマンが到着。ノイズキャンセリング・4G・限定色・刻印サービスなどなどに惹かれ、久しぶりの高い買い物。

 と言ってもGP社員割引から何から色んな割引を使わせて頂き、結構お安く買えて良かった。SONY製品は昔から結構好きで使ってたけど、お得に買えるとあっては今後益々我が家内シェアが高まりそう。

 現在は仕事柄色んな割引を使えるようになり、日頃の買い物でも大概は何かしらの恩恵に与れるという恵まれた境遇。絶対買いだと思っていた奥田民生センセイの記念ライダー1号・2号も20%OFFで買えて超ラッキー。まあ最近は無駄な買い物を控えるように心掛けてはいるけど、それでもたまの買い物が割引になるとやはり嬉しい。

 最近は「サービス」というものについて考える機会が増えたけど、やっぱりお客にとって最大のサービスは割引なんだろうか??人によって求めるものは違うし価格が全てでは無いと思うけど、安くして貰って嬉しくない人は殆ど居ないだろうから、割引はやっぱり万人受けする最強のサービスか。とりあえず一消費者としては、割引を賢く使ってお得に買い物したいところ。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-01-22 01:00 | 雑記・雑感
テレビの影響力
<あるある大事典>「納豆ダイエット」はねつ造 関西テレビ

 以前から「あるある」で採り上げられたモノが翌日スーパーで売り切れる という現象が見受けられましたが、今回も納豆の売り切れを巻き起こした直後だけに、捏造の罪が余計大きく感じられます。それにしてもニュースの内容を見るとかなり捏造度合いが高い模様。。ダイエット効果を信じちゃった人は今頃どんな心境なのでしょうか。

 我が家でも時折「あるある」などの健康番組を見ているけど、うちの親は医師をしているせいかこの手の番組は結構懐疑的というか話半分で見ております。専門家が見るとTV番組特有の誇張とかが余計目につくらしい。そんな親の影響もあってか、自分もあまりテレビの情報をそのまま鵜呑みにしないよう気をつけております。

 今回のニュースもかなり話題になっているけど、良くも悪くもやはりテレビの影響は絶大。今回の件で放送倫理が問われるって言うけど、視聴者もマスコミに対する姿勢というか見方を少し厳しくしなきゃいけないのかも。視聴者が厳しくなればマスコミも少しは変わるかな?


 まあ今回の捏造うんぬんヌキにしても、納豆は健康食品であるってことに変わりは無い訳で、昔からの納豆ユーザーとしては今後も変わらず納豆を食べたいと思うのであります。自分はふっくら系の大粒が好き(ってそんな結論か)。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-01-21 00:46 | ニュースを読む
脳年齢
もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング

 ちょっとビクビクしつつ、、「脳年齢チェック」なるものにチャレンジ。

・・・結果は26歳。「40歳」とか言われるんじゃないかと心配してただけに、ちょっと安心。このソフトで一体どれだけのトレーニング効果があるのかは分からないけど、楽しんで頭の体操が出来るし、何もやらないよりはとりあえず何でもやってみた方が良いでしょう。

 ネットでも色々「脳年齢」を測るサイトがあった。いくつかやってみたけど、結果は概ね20代。脳も体も「使わないと衰える」ってのは同じだと思うから、日頃から横着せずマメに頭も体も動かすようにしなきゃ。

 DSトレーニングでも色んなトレーニングを幅広くやるようにって指示があるけど、一つのことに凝り固まるのはあまり良くないらしい。「浅く広く」は結構自分の得意とするスタイルだから、今後も興味の幅を狭めることなく、色んなモノに首を突っ込んでいきたいなあと思うところ。

脳年齢鑑定
脳年齢チェックテスト
[PR]
by ex-keita17 | 2007-01-19 00:55 | 息をぬく
自分に出来ること
 番組自体が増えているのか、自分の意識の変化により目に留まるようになったのか、最近は環境問題についての番組をよく目にする気がする。昨夜はニュース23で環境破壊についての特集をやってたし、今日はテレ東の夜のニュースで韓国のリサイクル事情(←日本より数段進んでいる)をやっていた。

 日本ではようやくレジ袋有料化の流れが本格化しつつあるようだけど、レジ袋にとどまらず割り箸やペットボトルなど、半ば捨てられることを前提にした日常製品って考えただけでもかなり存在する。捨てる生活が当たり前になっているけど、その使い捨て製品に必要性や必然性がどれだけあるのかと考えてみると、大してないような気がする。

 とりあえず自分としてはレジ袋や割り箸など身近に出来るゴミ削減を始めつつ、仕事でも日常生活でも環境問題に取り組む方々のお役に立つことをして行こうと決意。自分個人で出来ることは限界があるし、専門家の方々を応援するのも一つの手段かなと。

 ということでとりあえずWWFに入会。元々動物や自然が好きってのは勿論あるけど、パンダマークの会員バッジも欲しかったし、応援先としてほぼ迷わず決定。

今後、WWFの会員として、地球環境の悪化を食い止め、人と自然がともに行きられる未来を築く活動に、お力添えをいただきたく存じます。

何卒、末永くご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

・・・ と入会受付のメールには書いてあった。自分が何か「お力添え」出来るのかは分からないけども、環境について考えることは結局自分自身の為でもあり、自己防衛という意味でも日頃から自分に出来ることはしていきたいと考えております。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-01-18 01:53 | 雑記・雑感
世の為人の為?
 今日はAEDの講習を受講。

 講習ではPHILIPS社のHS1を使用。この機械は心肺蘇生法(CPR)コーチング機能がウリで、ショック後の処置まで親切に音声ガイドしてくれます。慣れた人が使うとは限らないから、こういう機能も必要とされるんでしょうね。

 しかし何かの機会がないとなかなかこういう講習を受ける機会って無いけど、緊急事態はいつどこで起こるか分からない訳だから、本当は万人が講習を受けて使えるようになっておいた方がいいんだろうと思います。困った時は助け合い と言っても助ける知識や技術あってこそ。

 助け合いといえば、今年はサービス介助士の取得に向け勉強することも決定。身近なところで少しは人様のお役に立てるようになれるかなあと思っています。


 世の為人の為なんて言うと聞こえはよいけど、自己中心的な考えから脱却する為にも、周りの人の為に出来るところから少しずつって感じ。今までは漠然と誰かの役に立ちたいなんて概念的・総花的に考えつつも、結局日頃何もしてなかったようなものだったので、今は小さな事でもよいから身近な人のお役に立てる実践的な行動をして行きたいと考えている次第。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-01-17 00:32 | 雑記・雑感