浮世ブログ
longtail.exblog.jp

のんびりといきましょう
最新のトラックバック
男一人女一人いれば世界を..
from エクソダス2005《脱米救国..
TOEIC 勉強法
from TOEIC
コストコ
from コストコ 4割引
「オーシャンズ13」慌し..
from soramove
横浜ベイサイドマリーナの魅力
from 横浜ベイサイドマリーナ通信
初泳ぎ
from 初泳ぎ
英語部門情報商材-200..
from 英語部門-情報商材・評価ラン..
ネジ 規格 ねじ(螺子..
from ネジ 規格 ねじ(螺子・捻..
ケンコウ生活 
from ケンコウ生活 健康
速読できると
from 速読
フォロー中のブログ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
振り返りの機会
 通勤用の鞄を新しい物に変更。鞄には相当こだわる方なのでかなり吟味して選んだつもりだったけど、前のと比べるとそれでも一長一短なような。。

 しかし新しいものと古いものと比べたくなるのは人間の本能のようです。節目や転機など生活に大きな変化が生まれると、今の生活と前の生活を比べたくなるのも人間の本能なのかな?逆に変化の無い生活を送っていると、過去の生活を省みることなく時間がどんどん過ぎてしまうってことでもあるんだろうけど。。

 生活が大きく変化した自分も、過去の生活を振り返りつつ自分を省み中。一時期は閉鎖的な環境の中で自分も周りも見失い、精神的なゆとりが無くなってたかなと反省中。でも自分の弱みや強みを再確認出来たし、新たな環境で少しは視野が開けてきたかなーというところ。

 また昔人から言われた言葉でも、当時本当の意味合いや有り難味が分かってなかったケースも多いってことにも気付きます。特に自分とは異なった考えの意見とか厳しい言葉ほど、後になってその意味が分かったりして。。ご意見や厳しい言葉ってのは、それだけ自分の事を考えていてくれるって事ですね。

 更に振り返りによって、色んな人への感謝の念がどっと再噴出。今の自分があるのは過去の自分があるからで、過去の自分があるのは周りの人達の存在があったから。これまでにお世話になった方々への感謝の気持ちを、振り返りによって再確認。ってここで感謝申し上げるだけじゃ駄目だけど。。


 「人の一生は曲がり角だらけだ」(山本周五郎)って言葉があります。曲がり角だからこそ、ちょっと横を向けば今来た道を振り返ることが出来るんだと思う。例え失敗でも色んな経験=曲がり角を経、色んな事に気付くことは決して無意味じゃないと教えてくれるお言葉。

 紆余曲折も楽しめる心のゆとりを育成し、一面的にじゃなく多面的に自分を磨きたいと最近は思うようになりました。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-11-26 23:58 | 雑記・雑感
鍋の季節
 大学時代の仲間で来月に忘年会を開催することが決定。

 これまではほぼ毎回自分が幹事だったけど、今回は久しぶりに幹事から解放され、かなり気楽。話題のこの店での開催を予定してるっていうけど、この時期に果たして予約が取れるんだろか??

 でもまあ若じゃなくても、美味い鍋と久しぶりに会う友人との団欒で心身共に暖まりたいところ。大学卒業からもう10年以上経つけど、いまだ毎年何らかの形で集まってる。こないだ行った高校の同窓会も楽しかったし、古い付き合いってのは大事にしたいもんです。


 寒くなると鍋を欲するのは、人間の本能的欲求なのか。日本には一体どれだけの鍋の種類があるんだろう?とか、海外の鍋文化ってどんな感じなんだろう?とか、最近は気になった事はなるべく調べて勉強したいって欲求も増大中。

 とりあえず鍋に関しては「全日本鍋物研究会」なるサイトに遭遇。鍋物料理の起源とか、鍋談義とか、なかなか読み応えのあるサイトでした。やはり鍋はステキ。


 しかし気付ば今年も残り一ヶ月ちょっと。環境が変わりまだイマイチ落ち着かない日々を送っているけど、とりあえず何とか平穏に年を越したいなあと思います。って年末年始も休みがバラバラで、まとまって休め無さそうだけど。。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-11-20 00:23 | 息をぬく
憲法九条を世界遺産に
 憲法本としては間違いなく売れ筋のこの本、やはり買ってしまった。

憲法九条を世界遺産に
太田 光 中沢 新一 / 集英社

 太田光と中沢新一のベクトルが妙に合っていて、だからこそこの本が出来たんだろうけど、それがまた逆にちょっと物足りない感じもしたり。純粋な「対談」としてみると、もう一つって感じかな?

 しかしながら、「憲法九条を世界遺産に」というキャッチーなフレーズを始め、随所になかなか渋い視点というか考え方というか、そういうものは十分に感じられる内容でした。盲目的な改憲・護憲論も多い中で、様々な矛盾を認めながらの護憲論ってのは貴重。「スタ☆メン」での毒吐きぶりも結構好きだけど、こういう太田さんもまたなかなか。


 本の中では宮沢賢治田中智学が結構なキーパーソンとして登場。宮沢賢治については表面的にしか知らず、また田中智学に至っては殆ど知らない無知な自分にも気付いたりする訳で、あらゆる分野で勉強しなきゃいかん事柄がまだまだ多いことを再認識。


 しかし最近は図書館に行けるチャンスが少ないのが残念。図書館って最新の情報収集にはあまり向かないけど、普遍的な情報や知識の収得にはもってこいなのです。コンビニみたいに24時間営業の図書館って無いのかなあ。。会社帰りとかでも開いてるコンビニ的な図書館があったら通っちゃうかも。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-11-19 00:35 | 雑記・雑感
生涯スポーツ
 土・日とも仕事なんて週があると、いよいよもって曜日感覚が麻痺して来そうな今日この頃。電車空いててイイけど、主に週末に予定してる水泳に支障が出るのが困りもの。曜日問わず時間を見つけてせっせと泳ぐようにしなければ。

 しかし水泳は小さい頃習ってて本当に良かったと思う。小さい頃基礎を固めただけに、ブランクがあってもカナヅチになったりしないし、こればっかりは親に感謝。水の中って不思議と無心になれるし、体への負担も少ないし、心肺機能も鍛えられるし、風邪も引かなくなる(らしい)し ・・・ と、イイことづくめ。生涯スポーツとして、年寄りになっても続けたい。

 基本的にスポーツはどれも好きだけど、自分で生涯続けられそうなスポーツとなると、なかなか無い。瞬発力やパワーを要するものは若いうちはイイけど、いずれ一線から退かなきゃならないのが寂しい。

 またチームスポーツはメンバーの問題とか、チーム内での自分の立場とか、これまた難しい。熱中してると気付かないけど、自分の衰えとかに気付かなかったり、気付いても頑張ればカバー出来るとか勘違いすると、知らずにチームに迷惑をかけちゃったりする。

 まあどんなスポーツでも、自分のレベルとか伸びシロとかを客観的に判断出来なきゃいかんって訳です。自分の場合野球がそうだったけど、熱中してるとなかなか自分を客観視出来ず、いつまでも続けられてどこまでも上手くなるように錯覚しちゃう(反省)。


 それとどんなスポーツでも歳をとってから上手くなろうと思えば、やはり体力トレーニングが大事。30越えての体力としては、頑張ってトレーニングして現状維持、死ぬ気でやって何とか微増なんじゃないかと思う。ろくにトレーニングもしないで競技だけ上手くなろうってのもムシが良すぎる。

 自分の場合は寝る前の腹筋等の通常メニューに加え、最近は「朝の腕立て」を励行中。朝で時間も無いので50×1セットとお手軽だけど、体が目覚める&暖まるので冬には特に良い感じ。今後もサボらず長く続けたいところ。そーいう意味では、筋トレもある意味生涯スポーツかも。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-11-18 01:09 | 息をぬく
雪山礼賛
 日に日に寒くなってきて、冬も近いという感じがする今日この頃。ふと夜空を見上げると、南東の空にオリオン座が輝いていて、あぁ冬の空になって来たなと。自分の中では冬を感じるものベスト1がオリオン座かも。

 そして冬といえば雪山。ここしばらく遠ざかっていたけど、今年は雪山復帰したいところ。結構上達してきたかなーってところで一旦ブランクを作ってしまったので、また技術が衰えているかも。。でもまあ技術うんぬんより、雪山を純粋に楽しみたいところ。

 その昔表万座の無人の新雪レンデ(パウダー)を一気に滑り降りた感動は今でも忘れられず、またああいう思いをしてみたいもんです。あんな爽快感はなかなか味わえん。


b0052601_0225936.gif そして雪山繋がり?で『ファースト・ディセント』って映画も是非観てみたい。あのショーン・ホワイトが映画出演ってだけでも話題性十分なのに、さらにアラスカで凄まじいチャレンジをしているらしい。斜度60度とかって、、、崖??


 しかしスノボってヤツにも死ぬまでには一度はチャレンジしとかないとなあ。。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-11-17 00:26 | 雑記・雑感
小銭要らず
 こないだ帰路の自動改札で「ピンポーン」と引っ掛かってしまった。

 「?」と思ったら、私鉄でSuica非対応なのに、ボーっとしててJRの改札と同じく定期入れから定期を出さずに(=Suicaモードで)通り過ぎようとしていた。。読み取り部なんて無いのに、「2枚投入OK」のシールが貼ってある部分に定期入れをあてていた訳で。。。ボケてる。

 Suica定期券を使うようになり、その便利さに体が慣れてきてしまっている様子。定期入れから出さなくて良いのは勿論、チャージさえしておけば乗り越しても定期券でそのまま通れるし、駅の売店や自販機でも使えるし、まあ何かと便利。電車乗る場面では、もはや小銭要らずの状態。

 来年3月、PASMOがデビューしJRと相互利用が可能になった暁には、恐ろしく便利になりそう。私鉄からバスからJRから全て乗れるって素晴しい。


 さらに最近はEdyも便利に使用中。勤務中常時携帯してる社員証にEdy機能が付いてるので、昼メシとか買い物とか財布持たずに出ても大丈夫。支払いに要する時間も全然短くて済むし、使ってみれば便利なもんです。


 そんなこんなで、最近は小銭に触れずに(というか財布を開けずに)終わる1日も多い。いずれカードや携帯さえ持ってれば、財布が要らない世界になるのかな?便利でイイけど、お釣りの計算とかしなくなって頭が退化するような気も。。

 便利さばかり追求しててもいかんのじゃないかと思いつつ、便利なモノについ手を出してしまう矛盾した自分に気付きます。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-11-16 00:03 | 雑記・雑感
キャッチボールがしたくなる
 前から観たかった映画をようやく鑑賞。

b0052601_20362975.jpg 『キャッチボール屋』

 タイトルから既に興味を惹かれたけど、北野作品などで助監督をつとめた大崎章サンの監督デビュー作とあらば、コレは見逃す訳にいかず。単館上映につき新宿のK's cinemaへ。小さいけどとても綺麗で雰囲気のいい映画館でした。

 さて内容は、非常にホノボノというか朴訥というか、いかにも単館系っていう味わい深い作品。淡々としてて万人受けはしなそうだけど、個性派の役者サンがそれぞれ持ち味を出していて、個人的には好きな類かな。特に水橋研二サンがよかった。


 デカいシネコンで娯楽作系のメジャータイトル観るのもいいけど、マイナーなタイトルをひっそりと?単館上映で味わうのもまたイイもんです。

 この『キャッチボール屋』は上映先が見付からず公開にこぎつけるまで苦労したらしいけど、シネコンなんかじゃ絶対上映されないような隠れた良い単体作品って世間に沢山ある。逆にシネコンあたりじゃシリーズものとかヒット小説の映画化とか、ちょっと安易な娯楽作が増えたような気も。まあビジネスとしては安易でも売れりゃいいんだろうけど。。


 そして観た後は無性にキャッチボールがしたくなった。もし公園でキャッチボール屋を発見したら100円払って頼んじゃうかも。ってか自分でキャッチボール屋をやってみたくなった。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-11-13 23:58 | 息をぬく
時間の使い方
 最近は時間の有効な使い方的な本を乱読中。本が違っても結構書いてある内容は共通してたりもするけど、それでも何かしら参考にはなります。

 新しい環境でまだ自分の思うような時間の使い方は出来てないけど、徐々に流れを形成中。朝は前より遅目になったけど、その分帰りも遅目。現状通勤含め仕事での拘束時間は12~16時間ほど。まあこんなもんか。で、残りの時間をいかに有効に使うかが目下の課題。


 色んな本で欧米人との比較論がよく出てきて、日本人はよく働いているように見えて実はそうでもないと言われたり。「忙しい」と言いながら仕事に関係ないネット見たり、カッチリ昼休みをとったりと、勤務時間は長くても仕事に集中してない時間が多いんだとか。

 逆に欧米人は、無駄な休憩とかせず就業中は仕事に集中し、サッサと切り上げるスタイル。欧米人に比してオンとオフの切り替えが下手な日本人の実態が指摘されてました。まあ本当に仕事に集中し前向きに取り組んでれば、「忙しい」なんて思わないんじゃなかろうか。


 自分の場合も、仕事上色んなエンタメ系情報に触れるようになり、オンとオフの境界線がボヤけ中。個人的に興味ある情報が多過ぎるというか、仕事中も知的好奇心が刺激されまくり。。しかしどんな情報を扱うにせよ、オンの時は業務に集中したいところ。

 また就業時間やカレンダーも世間とずれ気味なので、以前より切り替えが難しい。世間と同じくカレンダー通り休める週末ってのは、オフを意識出来る貴重な休みという感じ。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-11-11 00:50 | 雑記・雑感
ウクレレ
 先日、ジェイク・シマブクロのCDを購入。

ジェントリー・ウィープス
ジェイク・シマブクロ / ソニーミュージックエンタテインメント


 ウクレレの音色って心が癒される感じで、最近はコレを寝る前にかけるのがお気に入り。別に音楽かけなくても普通に寝れるけど、より安らかに眠れる感じ(別に死ぬ訳じゃない)。ウクレレといえばゴンチチもほのぼの系で大好きだけど、ジェイクさんは爽やか系でカッコイイ感じ。

 
 あんな風にウクレレが弾けたら気持ちいいだろうなーなんて思うけど、しかし我がウクレレ(一応Famousのヤツ)は何年も埃をかぶったまま。。。久しぶりに引っ張り出して練習でもしてみるか。ってその前に多分弦を張り直さなきゃいかんと思われる。。

 ウクレレの弦を張るのなんて全然やったこと無いし難しそうだけど、とりあえずチャレンジしてみるか。何事もチャレンジが大切。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-11-09 00:23 | 息をぬく
年末調整
 11月に入り、気温も下がって参りました。立冬ってことで、暦の上ではもう冬か。。

 「年末調整」って言葉を職場で聞くようになると、いよいよ今年も残りわずかかぁって感じると共に、また社会人に復帰した事を実感。「場合によってはご自分で確定申告して貰うようになるかもしれません」なんて職場では言われたけど、何とか会社の年末調整で済ませたいところ。

 一度自分で確定申告したり、親の確定申告の手伝いをしたりして、確定申告ってのがいかに面倒かってコトが分かったし、逆に会社勤めではいかにその辺の楽が出来ているかってのも分かった感じ。何事も経験してみなきゃ分からんもんです。


 色んな経験をするってのは人生的にはフラフラしている感じもするけど、狭い視野を広げたり違った意識を持てるようになるので、決して悪いことじゃないなあって最近思うところ。一つの世界を極めるスペシャリストってのも立派だけど、気の多い自分はスペシャリストにはなれんなあと改めて思ったり。

 やってみたい事は勿論、やってみたくない事でも、色んな事を経験し見識を広げていきたいなあと漠然と思っております。今はやりたい事が山ほどあって、何からやろうか考え中。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-11-08 01:02 | 雑記・雑感