浮世ブログ
longtail.exblog.jp

のんびりといきましょう
最新のトラックバック
男一人女一人いれば世界を..
from エクソダス2005《脱米救国..
TOEIC 勉強法
from TOEIC
コストコ
from コストコ 4割引
「オーシャンズ13」慌し..
from soramove
横浜ベイサイドマリーナの魅力
from 横浜ベイサイドマリーナ通信
初泳ぎ
from 初泳ぎ
英語部門情報商材-200..
from 英語部門-情報商材・評価ラン..
ネジ 規格 ねじ(螺子..
from ネジ 規格 ねじ(螺子・捻..
ケンコウ生活 
from ケンコウ生活 健康
速読できると
from 速読
フォロー中のブログ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
拙速?
米産牛肉、8月店頭へ 消費者から拙速批判も

 1月の問題から半年での米国産牛肉の輸入再開。政府は安全に絶対の自信を持って再開を決めたんでしょうか?これまでの経緯を考えれば慎重に慎重を期して判断すべきところ、やはり拙速と批判されても止むを得ないような。。

 
 残念ながら再開されてしまうので、後は国民が買うか買わないか。安全性に疑問を抱く消費者は米国産牛肉をとにかく買わないことに尽きますね。スーパーの棚に陳列される米国産牛肉の売れ行きが国民の答え。本当はそれ以前に輸入業者が買い控えて、国内に入って来ないようにして欲しいけど。

 牛50%以下の挽き肉とかは牛の産地表示の義務付けがないそうなので、買いたく無い人でも知らないうちに買ってしまうってなことも有り得るそうで。。こういう状況では牛肉そのものを買い控える人も出てきそう。



 閉店間際のスーパーって売れ残り品が3割引とか半額とかで売られているので、米国産牛肉も売れ残って閉店間際に叩き売られる運命かも。安かったら皆さん買うんだろうか?それとも多少高くても国産とか豪州産とかを選ぶんだろうか??


 売れ残った大量の牛肉をアメリカに返品!とかすれば、向こうの人も自分とこの肉の不人気を再認識するかも。もしくは牛丼にして逆輸出しちゃうとか。



 結論を急ぎすぎる判断には危険も多い。素早い決断力って評価されることも多いけど、慎重に考えることが求められる場面も必ずあるってことですね。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-07-28 00:43 | ニュースを読む
携帯メールの絵文字
 これまで全く意識したことなかったけど、どうやら自分が送る携帯メールは殺風景らしい。絵文字というものをほとんど使わなので、そういう印象を持たれる模様。特に相手が絵文字を多用する人だと、余計素っ気無く思われるんだろうなあ。


 異なるキャリア間で絵文字送信が可能になって来てるみたいだし、自分ももうちょっと絵文字とか使うようにした方がいいんだろか?しかし男が絵文字を多用するのってどうも抵抗アリ。。考え方が古いのか、女性同士のメールで使うもんだという意識が以前から抜けず。


 携帯メールに関する男女差に関して、こんな真面目な論文も発見。

『携帯メールにおけるジェンダー』(PDF)


 『男性は女性に出すメールで、総文字数が男性どうしの場合の2.5 倍にまで達する』なんて記述もあって、ちょっとビックリ。世の男性の皆さんは女性へのメールには気を遣っていらっしゃるようで。。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-07-27 00:16 | 雑記・雑感
ミスコン否定派?
<ミスユニバース>日本代表の知花さん、準ミスの快挙


 世界各国の美女を集めてミスを決める、、どういう基準で判定されるのか気になります。ミス・ユニバースあたりになると単純な外見だけではなく知性とか教養とかも問われるんでしょう。準ミスの日本人の方も、3ヶ国語話せるんだとか。


 国内ではミスコンの賛否がよく問われたりするけど、「美」の基準って人様々ではないかと思う訳で。ある人から見れば美人でも、別の人が見れば美人じゃないなんてことはよくある話。絶対的な美の順位なんて決めようが無いように思われます。ってな考えの自分はミスコン否定派に入るのか?


 自分はどうも美の基準がちょっと人とズレているようで、世間的に人気の美人サン(今で言うならエビちゃんとか)を取り立てて美人と思えない傾向が昔からアリ。根がひねくれているのかもしれないけど、、パっと見の綺麗さなんてどうでもよくて、内からにじみ出る美しさというか、そういうもの重視です。


 人それぞれ色んな価値観があるから、色んな人が色んな人を好きになる訳で、これがもし皆同じ価値観だったら恐ろしいことになっちゃいます。外見から価値観から皆違う人がいるからこそ、社会も何となくうまく回っているのかも。

 世間の沢山の人の中で価値観が一致する人なんて考えたらそうそういるものでも無く、やっぱり価値観の合う人は大切にしたいところ。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-07-26 00:29 | ニュースを読む
「記録的」が記録的でないような
記録的豪雨、死者5人に 九州南部


 「記録的」豪雨、、ここ数年で何回も聞いているような気がします。毎年どこかしらで記録的豪雨が観測されているような感じ。「記録的○○」なんて言葉は、本来滅多に聞く事の無い言葉ではないのかなあと思いますが。。「記録的○○」がもはや記録的な出来事では無くなって当たり前のようになってしまったら、これ程恐ろしい話はありません。

 
 大雨だったり猛暑だったり、やはり地球環境のどこかにひずみが来ている事の証しのように思えてなりません。地球レベルの話は自分ではどうしようもないし、なるようにしかならないってつい思ってしまうけど、一人一人何かしら出来ることがあるはず。このまま何もせずにいると、本当に地球はどうかなっちゃうんじゃないかって思います。


 例えばこんな事を一人一人が心掛けるだけでCO2の削減に繋がるそうです。

 『家庭でできる取組み10項目』


 惰性でつけてるテレビ・冷房とかつい乗っちゃう車とか、日頃のちょっとした贅沢や無駄を見直す必要があるって事ですね。都会人は便利に慣れ過ぎているし、身近に自然が無いから余計危機意識に欠けるのかも(自分もそう)。

 便利ならイイとか楽ならイイとか楽しきゃイイとか、もはやそういう時代でも無いですね。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-07-25 00:20 | ニュースを読む
超巨大犬
b0052601_0174015.jpg みなとみらいで超巨大スヌーピーに遭遇し、思わず記念撮影。こういうキャラクターモノの仕掛けには滅法弱い自分。。

 しかしこんなデカいのどうやって作ったんだろう?と気になる。こういうの作るのを仕事にしている人もいると思うとちょっと不思議。陰で苦労した人もいるんだろうなあ。


 クイーンズスクエアやらランドマークタワーやらを歩いたけど、建物の造りはデカいしショップだらけだし何とも凄い商業施設。しかしあれだけの数のショップが成り立つってことは、人間の物欲を象徴しているような。モノに支配される生活ってのもどうなのか。。

 横浜って直線距離ではそんなに遠くないけど、日頃は意外に縁が無い土地。日頃縁が無い場所をたまに歩くってのも、刺激があって良し。でも個人的にはもっとこじんまりとした場所の方が好きかも。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-07-22 23:41 | 息をぬく
コラボ流行り?
 かなり久しぶりにラーメンなどを食べた。渋谷にある空海と竈のコラボ店。人気の店が2つも名を連ねる店構えを見たら、入らずにはいられなくなるのが人情。

 http://blog.livedoor.jp/kookaiweb/archives/50410183.html

 両店のレギュラーメニューに加えコラボ店独自のメニューもあって新鮮な感じ。店内もお洒落な雰囲気。ラーメンに限らないけど、最近はメジャーブランド同士のコラボが流行っている模様。

 味の方はまあハズレでは無いけど、大当たりでも無し。ただ気になったのは①店員の私語、②バックヤードに見えてしまった「○の素」やら「○んだし」やらご家庭でもお馴染みの調味料の数々。。もう一度行くかと言われると、行かないかなあ。


 竈も空海も数年前本店しか無かった頃に行った記憶あるけど、あの頃からすればビッグなお店になったもんです。ラーメンブームの過熱で、人気店はカップ麺出したりチェーン広げたり企画系の店出したりと、手を変え品を変えという感じ。その一方で売れない店はどんどん消えている訳で。


 一時期ハマったラーメン屋巡りも、最近はすっかりご無沙汰。新店は続々増えるしキリが無いってこともあるけど、初期「青葉」の衝撃以上のモノを感じさせてくれる店に結局出会っていないって事に気付いたのも大きい。「青葉インスパイア系」なんてお店も一杯出来たけど、それ程初期の青葉の味は衝撃的だったということ。


 昔は週に3、4日は当たり前だったラーメンも、今となってはたまーに食う位が丁度良い感じ。栄養面とか考えれば、この年齢で常食にするような類の食べ物でもないし。。栄養バランスを考えて定食とか野菜多めのメニューとか、そういう事を考えるようになった今日この頃。


 そんな訳で大戸屋が流行っているのも納得。その大戸屋も初めて行ったのは大学1年の時とはるか昔で、あの頃はまだチェーン店なんか全然無かった。。今となっては至るところに大戸屋ありで、こちらもビッグなお店になったもんです。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-07-21 00:37 | 息をぬく
無意識に楽な方へ。。
 ちょっと前に歩き方を変えたつもりが、気付いたら変える前の歩き方に逆戻りしていた。。

 新しい歩き方は腰の辺りに意識を集中していなきゃならんので、その意識がつい無くなると前の歩き方に戻ってしまう。以前の歩き方の方が楽=負担が少ないので、よっぽど意識していないとその楽な歩き方に戻ってしまうのです。


 また腰痛対策で就寝前に続けている腹筋も、最近はつい楽して省略しがち。しばらく腰の調子は良かったのがここんとこ微妙に腰痛が復活気味なのは、腹筋をサボって筋力が低下していることも影響しているのかも。



 人間ってやっぱり意識していないと楽な方へ楽な方へと流れてしまうもんです。その流れに歯止めをかけられるのは、結局自分を律する気持ちしか無い訳で、その辺が最近弱っている自分の課題。気持ちを一定に保ち続ける事の難しさを最近は痛感している次第。


 努力を継続出来るのが天才だそうです。いくら最初勢いよく頑張っても、それを継続させなければ駄目なわけで。。自分の凡才ぶりを痛感する今日この頃です。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-07-20 00:32 | 雑記・雑感
芸能人との遭遇
 今日渋谷にてとある芸能人に遭遇。



・・・ ブラックマヨネーズ



・・・ 特にこれといった感慨ナシ。。。 二人それぞれと目が合ったけど。


 でも今プロフィールを見たら、二人とも自分と同い歳という事を発見(誕生日もやたら近い=蟹座)。 M-1グランプリの記者会見だったみたいだけど、そうと分かればM-1頑張って欲しいところ。同い年の人って妙に応援したくなります。


 
 芸能人遭遇率って人によって違うと思うけど、自分は比較的高い方かも。その前に会った芸能人を思い出すと、、小林稔侍。。これまた感慨ナシ。。。

 その他思い出すと、、、ネプチューン、石塚英彦、ビビる大木 ・・・ なぜかお笑い芸人多し。芸人サンは普段は至って普通でオーラ出ていません。



 しかしどうせ会うなら美人女優とか、会って感激するような芸能人が望ましい。残念ながら女優さんにはこれまであまり縁が無く、過去最高は江角マキコか(ショムニのロケ)。思い切り目が合ってかなりときめいた思い出アリ。


 しかし芸能人ってのはこうして街中で人から注目されるし、なかなか大変な職業です。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-07-19 00:08 | 息をぬく
悪夢?
 久しぶりに野球をした              ・・・ といっても夢の中で。



 夢だけど楽しかった   ・・・ と言いたいところが、実際はその逆で何とも恐ろしい内容の夢だった。。。



 久しぶりに野球をする自分は、何とボールの投げ方を完全に忘れていて(!)、まともにボールが投げられない状態(女投げレベル)。何度投げてもあさっての方向にボールがいってしまう。周りからは「何やってんだお前?」と言われる有様。


 ・・・っていうあまりにも屈辱的な内容の夢で、まるで悪夢にうなされるように目が覚めました。。打つ方はイマイチだけど投げる方はそれなりに自信があるだけに、あの夢はかなりショックだった。。。


 確かにしばらく野球やってないけど、ボールの投げ方を忘れるなんてさすがに現実には有り得ない(夢の中ではマジ焦ってたけど)。でも実際今プレーしたらどの程度動けるんだろう?とちょっと不安になったりも。若かりし頃は強肩自慢でホームから遠投でフェンス越えとか出来たけど(※但し両翼方向)、今では肩も衰えているんだろうなあ。



 と最近は夢にまで登場するようになった野球、やらなくなって2年近くになる。それまで続けてた事にブランクを空けるのは結構不安なことだけど、しばらく離れてみることで、それを見直す契機になるのも事実。


 今にして思えば、いくら好きとはいえ昔はちょっとやり過ぎな部分があったかなと思ったり(一日3試合とか連休全潰しとか)。野球があれば何も考えず予定を入れてたし、野球さえやってればその日は安心ってな具合で(その日暮らし的)。短期的な満足感で長期的な思考が停止していた面があるような。

 やってる当時は楽しいし夢中だから分かんなかったけど、そのエネルギーの10%でも親孝行とか彼女や友人と過ごす時間とか自己投資とかに回していれば、またちょっと違った世界が見えたかもって今にして思わないでも無い。


 一つの事にハマるってのは一瞬の充実感は得られる反面、長期的にみれば自分自身の可能性を狭める危険もあるって事に、ハマらなくなってから気付きました。やっぱりバランスというか、程々がいいのかなあと今では思う次第。野球へのエネルギーは昔100%→今0%、、やはりバランスが悪い。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-07-16 00:08 | 雑記・雑感
大事な家族
ジダン、病気の母への愛が怒りの引き金…「売春婦の息子」発言に暴挙


 注目されていたジダンの会見。


 相手のマテラッツィとはどうも話が食い違っているようで、喧嘩にありがちな言った言わないの水掛け論の様相。しかしジダンの言うようにもし家族への侮辱発言があったのなら、あの怒りもやむを得ないかも。家族を侮辱するのって、直接本人を侮辱するよりたちが悪いように思います。

 結局両人とも具体的に発された言葉については語らないまま。しかし直前の会話のやり取りの中で、何かジダンを熱くさせるものがあったって事だけは間違いないですね。FIFAの調査も入ってるようだけど、これ以上蒸し返すのも虚しいような。。



 しかし家族とはやっぱり特別な存在。最近の自分は以前にも増してそう感じる事が多くなりました。自分の家族は勿論だけど、恋人とか親友とか自分にとって大事な人であれば、その相手本人だけでなくその家族も大事に出来るような人間になりたいもんです。


 更に家族の中でも親はより特別な存在。普通の家庭に育った人なら、親に育てて貰って今の自分があるってのは皆共通の事実。何歳になっても親を大切にする気持ちは常に忘れずに日々過ごしたいところ。自分の事ばっかり考えてると、つい感謝の気持ちを忘れがちになってしまいます。


 かく言う自分も、家族の大切さとか親の有り難味とか、情けないことに今まであまり気付かずに過ごして来てしまったなあ。。自分さえ楽しきゃ良いってな感じで、自分の事ばかり考えててました。。典型的な親不孝息子。

 30過ぎて親孝行したいってのも遅きに失した感があるけど、親が元気なうちは出来るだけ大切にしたいなあと思う今日この頃。自分が今やりたい事をやれているのも、親があったからこそなんですね。



 世界中で一番感謝し易い、また感謝しなきゃいけない対象って親なのかも。今まで自分本位に生きてきた反省もあるし、この事はこれからもっと意識していかなきゃって思います。
[PR]
by ex-keita17 | 2006-07-14 00:18 | ニュースを読む