浮世ブログ
longtail.exblog.jp

のんびりといきましょう
最新のトラックバック
男一人女一人いれば世界を..
from エクソダス2005《脱米救国..
TOEIC 勉強法
from TOEIC
コストコ
from コストコ 4割引
「オーシャンズ13」慌し..
from soramove
横浜ベイサイドマリーナの魅力
from 横浜ベイサイドマリーナ通信
初泳ぎ
from 初泳ぎ
英語部門情報商材-200..
from 英語部門-情報商材・評価ラン..
ネジ 規格 ねじ(螺子..
from ネジ 規格 ねじ(螺子・捻..
ケンコウ生活 
from ケンコウ生活 健康
速読できると
from 速読
フォロー中のブログ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧
【住基ネット訴訟】 昨日違憲で今日合憲
住基ネット請求棄却 名古屋地裁、判決一転
 
 全国の約450人が住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)は違憲として離脱を求めた「住基ネット差し止め訴訟」のうち、愛知県の住民13人が本人確認情報の削除や国と県に1人当たり計22万円の慰謝料などを求めた訴訟の判決で名古屋地裁の西尾進裁判長は31日、原告の請求を棄却した。
 西尾裁判長は判決理由で「住民基本台帳の本人確認情報は以前から誰でも閲覧可能で、秘匿の必要性が必ずしも高くない」と述べた。



 昨日金沢地裁で違憲判決が出された住基ネット訴訟、一夜明けて名古屋地裁では合憲の判断が下されました。一夜明けて全く異なる方向の結論が出ただけに、昨日の金沢地裁との温度差が余計際立ちます。

離脱求める住民に適用違憲 住基ネット訴訟判決
  住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)は、憲法が保障するプライバシー権や人格権を侵害し違憲として、石川県の住民28人が、住基ネットに提供された個人情報の削除と国などに1人当たり22万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、金沢地裁の井戸謙一裁判長は30日、県と地方自治情報センターに原告住民の個人情報を削除するよう命じた。
 原告が求めた損害賠償については「公務員の職務行為が国家賠償法上違法と評価されるのは、住民基本台帳法の違憲性が誰の目にも明らかである場合に限られる」として、「国などに、運用面での違反は認められない」として請求を退けた。
 判決理由で井戸裁判長は「憲法13条が保障するプライバシー権には自己情報コントロール権が重要な一内容として含まれ、住基ネットがそれを侵害している」と指摘。
 「自己のプライバシーの権利を放棄せず、住基ネットからの離脱を求めた原告に適用する限り、住基ネットは憲法13条に違反する」と違憲性を認定した。



 両判決の結論の差は一体どこからきたのでしょう?住基ネットに提供された個人情報の秘匿性の価値をどこまで認めるかという事なんだと思います。

 金沢地裁は氏名住所等が不特定多数の者に閲覧されうる状況を「住民個々人が行政機関の前で丸裸にされるのと同じ状態」と捉えたのに対し、名古屋地裁は「以前から誰でも閲覧可能で、秘匿の必要性が必ずしも高くない」と捉えたようです。

 個人的には「自己情報コントロール権」を正面から認めた金沢地裁の判決に共感を覚えます。これだけ個人情報の扱いが難しくなっている今日において、自らの個人情報が知らない誰かに利用され得る状況はかなり脅威に思います。
 名古屋地裁は「以前から…」と言っていますが、以前から閲覧可能だという事と、今日における秘匿の必要性やその価値は決して関連づけられるものではないでしょう。よりシビアな個人情報管理が要求されつつある現況に対する認識が薄いのでしょうか?

 個人情報を悪用した犯罪が増え、個人情報保護法案も施行され、今まで以上に個人情報保護が叫ばれる現況に対し、これと逆行するような名古屋地裁の判決にはかなりの違和感を感じた次第です。

 訴訟指揮にも問題があったというニュースも流れています。二審での判決が注目です。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-05-31 20:29 | ニュースを読む
【有害指定】の流れ
残虐ゲーム有害指定を諮問 神奈川県、全国で初

 全国で初めて、残虐なシーンを多く含む家庭用テレビゲームソフトの有害図書類への指定を審査する神奈川県の児童福祉審議会が30日、横浜市で開かれ、同県は家庭用ゲームソフト大手「カプコン」が販売する「グランド・セフト・オート3」(米国ロックスター・ゲームス社製)を諮問した。


 全国初のテレビゲームソフトの有害指定諮問、一体どんな手続きでなされているんだろう?と気になり調べてみました。

 まず「どこの量販店でも手に入る、かなり流通がされているというのと、それから雑誌、インターネット等で残虐性がうたわれているもの、そして、実際に量販店に行って、パッケージや説明文を見て、その中から6本を抽出」したそうです。

 今回は個別指定という方法による規制を狙ったもので、具体的には神奈川県青少年保護育成条例の施行規則で定められた要件に、6本の中から更に選出されたソフトが該当するか否かという事を審議するようです。


 審議会(有識者の集まり?)でなされる審議とは一体どのような光景なんでしょう?
 「この変が特に『残忍』ですねえ。」 とか
 「このゲームは『粗暴な行為をことさら賛美』してますねえ。」
などとオジサン達がやり取りしている感じなんでしょうか?それ以前にちゃんとプレー出来るのかってのも疑問ですが。。県職員は実際にプレーしたそうですが、審議会の方々はその報告を聞いて判断するだけなのかな?


 この手続きに関する疑問点として、①諮問対象ソフトの選出基準 ②有害性の判断基準 などが曖昧ではないかという点が挙げられると思います。

 今日のネット社会において、市場流通性が高いソフトだけを規制しても実効性に欠けるようにも思えるし、店頭で良く売れているソフトが単なる見せしめ的に規制されて終わるだけのようにも思います。

 また判断基準にしても、『残忍』『ことさら賛美』『健全な育成を阻害』等の基準に対して何をもって判断するのでしょう?
 こうした基準は見る者により異なるだろうし、結局審議会とやらのオジサン達の固定化された価値観で決められてしまうだけなのでは?


 民主主義の前提として「思想言論の自由市場」が挙げられます。「良いも悪いもまずは国民の目に曝し、国民自らがそれを判断すべきだ」という考え方です。
 
 今回のような規制は、その物自体が市場に出なくなる訳ではありませんが、とりあえず青少年の目にそもそも触れないようにしようにしてしまおうという措置であります。こうした措置により、子供達それぞれが「自ら判断する」力が養われなくなるのではないかと心配にもなります。

 確かに、青少年の未成熟性ゆえに大人がある程度介入せざるを得ない事は事実です。しかし、「悪」や「恥」を感じる機会もまた重要ではないかと思います。大事なのはそれを安易に教育現場が規制する事よりも、そうした機会に子供達が自ら判断出来る能力を養う事ではないのかなあと感じました。

 一方で、神奈川県児童福祉審議会は優良図書の指定も行っています。
 まあ確かにこうした本ばかり読んで暴力的なゲームをしないような子供は扱いやすいんでしょうが、あまりに「良い」「悪い」の価値観を公権力が押し付けるのもいかがなものかと思います。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-05-30 14:33 | ニュースを読む
早慶戦に37,000人
<東京六大学野球>慶大が早大とタイ 30日に優勝決定

 東京六大学野球春季リーグ戦は29日、神宮球場で最終週の早慶2回戦を行い、3万7000人の観衆の中、慶大が6-4で接戦を制して1勝1敗のタイとした。30日に慶大が連勝すれば2季連続32回目の優勝、早大が勝てば3季ぶり37回目の優勝となる。


 1978年以来実に27年ぶりに勝ち点4同士で優勝を争う事となった早慶戦、早稲田が先勝して迎えた第二戦は慶応が雪辱。勝負は明日の第三戦に持ち越されました。

 神宮に37,000人も集まったとはさすが27年ぶりゆえの盛り上がりですね。久し振りに母校の応援にでも行きたいなあとも思いながらもそうもいかず、こうしてニュースで結果を見ております。WEBの一般ニュースに載ってるのが普段では有り得ない。。

 学生のイベント的意味合いも強いので、37,000人入って野球人気も捨てたものではないとまでは言えませんが、神宮に大勢の方が集まったとはちょっと嬉しいニュースです。

 早慶戦と言えば仁志主将(現巨人)の逆転サヨナラ満塁HRに狂喜乱舞した学生時代を思い出します。あれは平成5年の春、、もう10年以上前になりますねえ。私の野球観戦暦の中でも最も劇的な試合でした。

 明日の神宮に紺碧の空が高らかに響き渡る事を願うばかり。

 ♪『理想の王座を占むる者我等』♪
[PR]
by ex-keita17 | 2005-05-29 21:50 | ニュースを読む
コレも迷惑メール?
Subject: これであってますか?

改めてはじめまして♪ゆかだけどアドこれでいいんですよね?
もうすぐ約束の日が来るけどどんな格好で来るか教えてもらっていいですか?



 こんなメールが複数の送り先から何度もやって来ます。毎度全く同じ内容。。。
 当然ながら全く心あたり無し。

 特にリンク先が書いてあるわけでも無し、一体何なんでしょう?「何の事ですか?」とか返信すると何かその先があるのかな??

 と書いたところで、コレは「当たり」を付けているのではないか?と推測が浮かんで来ました。リンクも何もないこのメールは恐らく迷惑メール防止法に該当しないので、これでまずエラー無く実際に送れるアドレスを抽出し、その後目的?のメールを送っているんではないかと。

 「迷惑メールフォルダ」が日に日に膨れて参ります。。。。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-05-27 21:38 | 雑記・雑感
死のダイエット?
ダイエット食品で死亡か 都内の女子大学生

 東京都は26日、各地で健康被害報告が相次いでいるダイエット用健康食品「天天素 清脂☆嚢」を使っていた都内の10代の女子大学生が23日に心不全で死亡、医師が「食品と死亡との因果関係が疑われる」と診断したと発表した。 (注)☆は月ヘンに交


 ダイエット用健康食品を食べて死亡?、、とても恐ろしいニュースです。。何でも「野馬生物(広州)保健品有限公司」と表示された中国製だとかで、無くなった方以外にも各地で被害者が出ているようです。

 ダイエット(diet)は「生活様式」を意味するギリシャ語「diata」から、「日常の食べ物」という意味に転じた言葉だそうで、それが「食事療法」になり、更には現在広く使われる「減量」「痩身」という意味で使われるようになったんだとか。

 語源の由来を尊重すれば、痩せたい人はまず「生活様式」を改め「日々の食生活」を見直せってコトになりますかね。安易な道具だとか今回問題になっているような健康食品なんかに頼るなと警告されているような気もします。

 その前に、ダイエットしなきゃとか言ってる女性の方々の中で、アナタはダイエットなんてしなくてもいいんじゃないかと思うような方も結構いますし、あんまりダイエットに意識過剰になるのもどうかと思います。

 少なくともこのニュースのような怪しい健康食品には手を出さないで頂きたいものです。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-05-26 21:24 | ニュースを読む
認知症姉妹リフォーム事件 【続報】
19業者、5千万円を契約 認知症姉妹のリフォーム

 埼玉県富士見市の高額リフォーム問題で、市は25日、認知症(痴呆症)の姉妹が2002年春以降、訪問業者に結ばされていた契約は計19社、約5000万円に上ることを明らかにした。業者数、金額ともさらに増える可能性があるといい、実態解明を急いでいる。


 当初3000万とも4000万とも伝えられていた工事契約額ですが、調査が進むにつれその金額が益々増え、ナント5000万を超えたとか。建て替えしても余りある金額です。。

 もっとも9社が計約4400万円を返す意向を市に伝えているそうですから、一時は自宅の競売までされかけた事を考えると、最悪の事態は回避出来たといえるかもしれません。競売前に発覚したのが幸いか。

 しかし9社が行方不明で連絡が取れない状況だそうです。こういう業者こそ再び同じ事を繰り返す蓋然性も高そうですし、徹底して追及・究明して欲しいものです。

 成年後見人に選任される予定の弁護士が「場合によっては民事訴訟や刑事告訴も考える」と語っているそうです。この姉妹だけでなく他の高齢者の方々の為にもなると思うので、是非頑張って頂きたいものです。


【民法】
(後見開始の審判)第7条 精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者については、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人又は検察官の請求により、後見開始の審判をすることができる。

(財産の管理及び代表)第859条 後見人は、被後見人の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為について被後見人を代表する。

[PR]
by ex-keita17 | 2005-05-25 19:49 | ニュースを読む
ペコちゃん 受難の時代
ペコちゃん人形誘拐犯に懲役5年半の有罪判決 | Excite エキサイト

 ある日本人男性に懲役5年半の有罪判決が下された。この男は、洋菓子チェーンの店頭に展示されているマスコット人形を“誘拐”したのだった。渋谷哲二被告(31)はペコちゃん人形15体、見積価格110万円を盗んだとして山形地裁で有罪判決を言い渡された。


 15体(15人?)で110万円、、一人当たり10万近い金額で取り引きされているようです。立派な人身売買?ですね。コレクターと呼ばれる人はコレを自宅内に飾って眺めているんでしょうか?世間には色々な人がいるというか何というか。。

 しかし店頭のペコちゃんを持ち去れば明らかに誘拐ならぬ窃盗、さらにこの被告人は『盗む際に店員らに対してトウガラシスプレーやスプレー式塗料を吹きかけた』ってんですから立派な↓強盗↓です。
【刑法】第236条 暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。


 こうした事件に対応する為に、昨年よりペコちゃんは鎖で繋がれるようになったのだそうです。これに対しては「虐待だ」という批判が来ているとか。。人気者の証明ですね。

 しかし誘拐されたり鎖で繋がれたりと、ペコちゃんにとっては受難の時代です。今の世相を映しているように思います。永遠の6歳の目から見た今の日本はどのように映っているんでしょうか?

 昔はもっと平和だった、、かな?
b0052601_13283175.gif

ペコポコバンクより
[PR]
by ex-keita17 | 2005-05-24 13:25 | ニュースを読む
迷惑メールが増加
 ここ最近迷惑メールが増えてきました。

 いわゆるアダルトサイトのワンクリック系ってやつですかね、本文にはいかにも怪しげなリンクが貼ってあります。これを誤ってクリックしてしまうと請求がやって来るみたいですが、当然ながら完全無視であります。
 プロバイダーのブロック機能やメーラーのブロック機能などを使うものの、次々と違うアドレスから送られて来るのでキリがありません。

 特定電子メールの送信の適正化等に関する法律および総務省令によると、事前の承諾等がない営利目的メール(特定電子メール)を送る際には、以下の表示要件を満たさねばならないそうです。

b0052601_1318811.gif


 しかしここのところ来るメールは送信者が「下村」だとか「中井」だとかの個人名風だし、本文には「春ですね~♪」とか書いてあって文章からは営利性が読み取れません。
 これは送信者が「営利を目的とする団体及び営業を営む場合における個人に限る」という部分をかいくぐろうとして、あくまで私的なメールだという事をアピールしているのかなあと感じます。

 これまでは特に無視するだけでしたが、かなりの被害者が出ている事なんかを考えるとメラメラと許せなくなって来ました。日本データ通信協会が迷惑メール相談センターを設置して対応にあたっているという事で、受信したメールをこれからは転送して通報する事にしました。

 通報しても無くならないだろうって事で何もしない(無視)よりは、少しでも迷惑メール減少の役に立つのではないかとの思いからです。

 出来る事からコツコツと、迷惑メールに限りませんが違法行為に対してはそれぞれ市民が個人レベルでも対応策を講じる必要を感じています。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-05-22 13:20 | 雑記・雑感
大阪の不思議
駐車場警備、OBが独占 大阪市、5年で7千万円

 大阪市が市役所地下の駐車場をめぐり、約20年前から、市職員OBでつくる社団法人「大阪市アールアール厚生会」(会員数約3300人)に独占的に警備を委託していたことが21日分かった。


 大阪市役所絡みのニュースがここのところ多いように思います。先日ニュースを賑わせたスーツまがいの制服(制服まがいのスーツ?)支給問題に続いて、今度はOBが作る社団への不透明な警備委託契約疑惑です。

 5年間で7400万円を特命随意契約していたという事です。見積り合せすらしなかったという事ですから、適正な価格での発注だったか疑わしいものです。緊縮財政が当たり前となっている今日において、OBが作る団体へ漫然と発注していたとは信じられません。
 入札をしても談合等でコストが抑えらると一概には言えませんが、年間1000万以上の発注で入札をやっていなかった事自体が非難されても仕方ないと思います。

 大阪は振り込め詐欺の被害が全国でも少ない地域と聞きます。容易なウソには騙されないし、自らのお財布のヒモは固いんだと思います。その大阪でこれだけ市民の税金がムダ遣いされるニュースが頻発するのが不思議でなりません。

 現実に自分の財布に入っているお金だけにシビアで、血税に対しては大らかという事なんでしょうかねえ?来るカネ拒まず、去るカネ追わずというところでしょうか。。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-05-21 19:17 | ニュースを読む
救急車の有料化検討
救急車有料化で検討会設置 出動増加受け、消防庁

総務省消防庁は19日、救急車の出動件数が急増していることを受け、緊急度が低いケースの有料化や民間活用の推進などについて議論する検討会を設置することを決めた。


 いよいよ本格的に救急車の有料化が検討され始めたようです。

 有料化により救急車を呼ぶのをためらい、結果人命が失われるような事があると懸念する向きもありますが、そうした事態はそれ程起こらないように思います。明らかに救急車を呼ぶ必要が無い場合に呼ばれてしまうケースを減らす事に意味があるのでしょう。

 体調の異変の捉え方は各個人・家庭によって様々です。ちょっと気分が悪くなっただけで一大事と慌て119番する方もいれば、重症なのに大した事ないと判断してしまう方もいます。有料化検討は前者のタイプの方に対する事前抑制効果をある程度狙っているのでしょう。

 親が医師をしている我が家は完璧に後者のタイプでした。私が小学生の時、腹痛(虫垂炎)を訴えたのにしばらく放置され、結果悪化して長期入院を強いられた事があります(悲)。
 また逆に、居酒屋でギックリ腰で倒れたばかりに、店の方に急性アル中と間違われ救急車を呼ばれてしまった事もあります(実際腰が痛くて動けませんでしたが)。高校の球技大会で脳震盪を起こし、大事をとられて?救急車に乗った事も。。
 
 こうした体調異変の捉え方は個人の人格や価値観に通ずる部分もあり、有料化されてもそう変わらないのかもしれません。本来の重症患者に対応できなくなるような事態を防ぐという有料化本来の目的に対する効果は何とも未知数です。
 ただ救急車が必要なケースだったかを事後的に判断し徴収する形でも止むを得ないと思います。実際救急車に乗っているのだからその対価を払うのも仕方ないでしょう。事後徴収では事前抑制効果が弱いかもしれませんが、事後徴収されて学ぶ事もあると感じます。

 判定基準の問題や民間活用等、これから議論すべき課題が山積なのでしょうが、高齢大国ニッポンにおいては必要不可欠の議論になりましょう。
 
[PR]
by ex-keita17 | 2005-05-19 20:28 | ニュースを読む