浮世ブログ
longtail.exblog.jp

のんびりといきましょう
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
男一人女一人いれば世界を..
from エクソダス2005《脱米救国..
TOEIC 勉強法
from TOEIC
コストコ
from コストコ 4割引
「オーシャンズ13」慌し..
from soramove
横浜ベイサイドマリーナの魅力
from 横浜ベイサイドマリーナ通信
初泳ぎ
from 初泳ぎ
英語部門情報商材-200..
from 英語部門-情報商材・評価ラン..
ネジ 規格 ねじ(螺子..
from ネジ 規格 ねじ(螺子・捻..
ケンコウ生活 
from ケンコウ生活 健康
速読できると
from 速読
フォロー中のブログ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
目でかっ!
岡本太郎デザインのこいのぼりがあった | Excite エキサイト

 b0052601_23344073.jpg
 こんなこいのぼりがあるんですね。とっても素敵。さすが岡本画伯、とても楽しい雰囲気が漂っています。
 川崎市の岡本太郎美術館のミュージアムショップでも小さいサイズがお土産用として置かれているとのこと。近所なんでチェックしてみたいところ。


 しかしこいのぼりそのものをあげている家をあまり見なくなったような。。 


 気がつけば3月も間もなく終わり。こないだ年が明けたと思ったらもう4月とは。。年々時間の経過が早く感じるようになっております。

 近所ではウグイスも鳴き始めました。ここのところ冷え込む日が多かったものの、やはりウグイスの声を聞くと春を感じます。桜もいよいよの様子だし。

 4月からまた気合を入れ直してやらねば。。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-03-30 23:33 | ニュースを読む
どんな報告書に。。
憲法改正打ち出す 衆院調査会の報告書案

 衆院憲法調査会(中山太郎会長)は29日午後、各党幹事による懇談会を開き、約5年間の憲法論議をまとめた最終報告書案を正式に提示した。

 衆院の憲法調査会がいよいよまとめに入っているようです。
 「憲法改正打ち出す」ってはなからそのつもりでやっているんでしょうから、問題なのは中身です。

 報告書案は約670ページ。憲法の条項に沿って各委員の意見を類型化、一つのテーマについて全体の3分の2以上を占めた意見を「多数意見」として盛り込んだ。

 670ページ、、5年間もやっていればさぞかし様々な議論があったんでしょうが、一体どれだけ実益のある議論がなされたのか気になります。

 しかし全体の3分の2以上を占めた「多数意見」を盛り込んだそうですが、こういうところが既にちょっと気になります。憲法は多種多様な国民の人権を保障するものなので、少数意見にも特に配慮すべきものです。
 様々な議論で出た様々な意見を、多数意見だけではなく少数意見も含めてなるべく世に曝すべきだと思うのですが。。どうも国会では憲法論議が法律同等のレベルで、政治的多数決の流れでなされているように思えてなりません。

 野党が加わっているだけ自民党の案よりはマシなんでしょうが、それでもあまり期待しない方が良いかもしれません。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-03-30 00:14 | ニュースを読む
公安感覚?
<都教委>卒業式の君が代斉唱時に不起立で50人処分へ

 東京都教委は24日、今春の卒業式で君が代斉唱時に起立しなかったとして、都立高校教員ら約50人を懲戒処分する方針を決めた。昨春に続いて2年連続で起立しなかった教員約10人は減給、その他は戒告にするとみられる。


 自分が学んだ高校(神奈川県立)はとても自由な校風でした。制服もあるようでないような感じだったし、体育祭やイベントへの熱の入れようは尋常ではなかったし、卒業式で仮装したりするヤツもいたりして。でも別に乱れた風は無く、とてもまとまった学校だったと今更ながら感じます。

 そんな自分から見ると、この都立高の事態はとても異常に見えます。教育の目的は色々ありましょうが、個人的には生徒の自主性を育むべき場ではないかと思います。「一定の教育水準確保」という要請からある程度の公権力の介入は止むを得ないにせよ、必要以上に公権力をふりかざして教師や生徒を縛ろうとしてる印象を受けます。

 さらに従わない者はひたすら処分という感覚は、もはや「教育」の感覚というより「公安」の感覚ではないかと。このような窮屈な学校で学ばなければならない生徒が可哀相に思えます。

 都のやり方は、国家に従属するような生徒を量産する教師を「良い教師」と評価するようなものです。生徒それぞれが自主性や自分の考えをしっかり持つ事が大事であり、そういった姿勢を生徒に教える教師が良い教師では無いかなと個人的には思います。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-03-25 01:09 | ニュースを読む
表現の自由?
制限事項「法律で規定」 表現の自由で自民小委

 自民党新憲法起草委員会のニュースを色々とみていると、どうも「前文」(中曽根委員長)と「権利・義務」(船田委員長)の小委員会が特によろしくないなという印象を受けます。

 権利・義務小委員会では「表現の自由」の制限を熱心に検討しているようです。「青少年の健全育成に悪影響を与える恐れがある場合」などには法律による制限が許される旨を要綱に盛り込むんだとか。。

 確かに、数多ある表現物の中には青少年への悪影響を結果的に及ぼしている物も数多くあるでしょう。しかし「健全育成」とかいう曖昧な規定の下に、表現活動への国家による制約を安易に許す事は非常なる危険を伴います。

 何が「悪」で何が「善」かは基本的に国民が当該表現物を見て自ら判断するのが原則であると思います。表現の自由といっても多くの国民にとっては専ら表現物を受け取る自由(知る権利)という側面が強いですから、表現物そのものを国民に受け取らせないような制約は極力避けなければならないと考えます。

 少なくとも憲法上は現行憲法の如く「公共の福祉」による内在的制約レベルに止めるべきだし、明らかなる制約が可能である事を憲法に謳うべきではないと思います。真に有害な表現物があるとすればそれは国民の方から積極的にノーと声をあげるべきであるし、法律による制約の必要性があれば国家側から一方的に決められるのではなく、国民主導で進めていくべきだと思います(国会議員が国民を代表するとは言いますが)。

 表現の自由についての原則は「最大限尊重で制約は最小限」だと思うのですが、自民党はもはや「最大限尊重」という考えがないんだと思います。さらには「制約して当然」みたいな姿勢が感じられます。自民党の考え方ではもはや「表現の自由」とは呼べないのでは?
[PR]
by ex-keita17 | 2005-03-23 00:06 | ニュースを読む
謎の動物
 先日夜、我が家の庭を謎の動物が通り抜けていくという事件?発生。

 たまたま玄関にいた私は、ふと玄関の窓から外を見たところ、こげ茶色の長いシッポが動いているのを発見。明らかに猫とは違うそのシッポに??の思いを抱き、そっと外へ出てみました。

 しかし夜だった事もあり、その動物は見当たらず。家へ入ろうとしたその時、「ドスン」といったら大げさですが、何かが家の前の道路に落ちる音が(家の庭は道路から1m位高くなっています)。

 急いで私も道路に出るとお向かいの家に走り去るこげ茶色の動物が!ほんの一瞬だったので、結局それが何なのか分かりませんでした。

 両親は「じゃない?」って言うんで自分も「そうか狸か」と一度は納得したものの、後でネットで狸の写真と比較するとちょっと違う。狸のシッポはふさっとしていますが、窓から見えたシッポはかなりシャープな感じだったのでちょっと違うのです。

 一度だけ家の近所で見た事がある脱走フェレット(悠々と道路を横断していた。。)かなとも思ったのですが、フェレットほど体が細長い感じはしなかったような。
 庭にエサまいて再びおびきよせて真相解明してみようなんて思ったりもしますが、また現れる保障もないし。。

 しかし最近のペットブームや森林等の減少による動物の市街地進出で、いつどこにどんな動物が現れるやら分からないですね。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-03-21 18:28 | 息をぬく
「錯誤」
<人違い殺人未遂>別人似の会社員重傷 暴力団2人逮捕

 刑法を勉強していると、「錯誤」に関する事例が色々と出てきます。

 Aさんを殺すつもりでAさんだと思って刺したらBさんだった」
 Aさんを殺すつもりでAさんだと思ってピストルを撃ったらマネキンだった」 など

 例えばこのような事例が教科書に挙げられるのですが、「こんな事ありえないでしょ」などと思いながらいつも勉強しているわけで。

 ところが実際に起こるんですね。それが今回の恐ろしいニュース。

 まさに「客体の錯誤」です。およそ人間を殺す故意があれば意図した客体と違う客体(人間)に死傷の結果が発生しても故意が認められる訳で、殺人未遂容疑で逮捕されました。まさに教科書通りの「錯誤」の事例でビックリ致しました。

 しかし「間違ってすまんかった。死ぬところやったな。警察に言ったら殺すぞ」って。。

 刺し殺そうと思って刺しておいて「死ぬところやったな」ってそりゃないでしょ。「警察に言ったら殺すぞ」って既に殺されそうになってるし。。やはりその筋の方は恐ろしいです。

 被害者が命をとりとめたのがせめてもの救いですね。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-03-17 19:27 | ニュースを読む
茶力(ちゃぢから)
緑茶に含まれる抗がん成分、特定される | Excite エキサイト

 スペインのムルシア大学(UMU)とイングランド・ノーウォッチのジョン・インズ・センター(JIC)の研究者たちは、緑茶に含まれるEGCGと呼ばれる化合物が、ある特定の酵素と結びつくことによって、がん細胞の成長を抑止することを実証した。


 体に良い良いと言われている緑茶ですが、がん細胞の成長抑止効果が実証されたそうです。「ヘルシア」で有名になった茶カテキンに続き、またまた茶力(ちゃぢから:勝手に命名)を証明してくれました。

 自分もお茶は大好きで、飲まない日はありません。タバコを吸いませんので、食後の一杯のお茶は何よりほっとするひと時です。健康にいいからって飲んでいるわけではないけど、リラックス&ヘルシーでいうことなしですね。

 そして飲料業界でも緑茶が熱いようです。「伊右衛門」の大ヒットに刺激されて、各社が続々と新商品を投入するとか。
 市販のお茶はまだまだ家庭のお茶には届かないかなと思うのですが、それでも結構イケる商品が多くなってきて嬉しいです。各社の競争に伴ってオマケ付きになることも多いですし、オマケ好きとしてこれまた嬉しい。現在も「伊右衛門」にはミニ缶、「一」にはジオラマフィギュアが付いていて、つい手がのびてしまいます。

 おいしい緑茶が楽しめる日本に生まれて良かったなと思います。こういうのも「愛国心」っていうんでしょうかね。政治家さんが望む「愛国心」は持ち合わせませんが。。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-03-16 23:52 | ニュースを読む
車検期間延長は見送りか?
車検期間延長見送り濃厚に 乗用車、国交省猛反対で

 規制改革の一環としての乗用車車検延長の検討、どうやらまた進展しないようです。。

 国土交通省の主張
  「整備不良による交通事故が増える上に、故障増加により交通渋滞が激しくなる」

 これってどれだけの根拠があるんですかね?新車の場合の初回車検は3年ですし、その後しばらくは3年置きにしてもあまり問題ないように思うんですが。

 特に年数の経った車等は別ですが、通常の車であれば車検期間を1年ばかり延長したからといって、整備不良による環境への影響や故障による渋滞が増加する蓋然性もあまり無い様に思います。

 整備不良とか故障とかは、車検期間の問題以上に、車検期間内の走行距離とか日常メンテナンスなんかの影響の方が大きいのではないでしょうか。トラックなんかで車検通っているのに真っ黒い煙はいてたりするのも多いですし。

 もはや日本車の技術力は世界一といっても過言ではないと思いますが、その日本でこのような自動車メーカーの技術力軽視?の理由で、役所が車検延長に断固反対しているのも奇妙に思います。

 まあこれは表向きの理由で、本当は税収減やら自分達の仕事減を防ぐってのが目的なんでしょうけど。。自分達に入れられるメスを喜ぶ人はまあいませんね。
 
 
[PR]
by ex-keita17 | 2005-03-14 20:52 | ニュースを読む
「一日一善」のスローガンだったそうで。。
中西議員18時間ぶり釈放 被害女性と示談成立

 とんだビックリニュースでした。これを機に「議員の不逮捕特権」の復習が出来ました。しかし実際に現行犯逮捕される議員もいるとは。。。

[日本国憲法]
第50条 両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない。

[国会法]
第33条 各議院の議員は、院外における現行犯罪の場合を除いては、会期中その院の許諾がなければ逮捕されない。


 不逮捕特権という身分保障を認められた議員さんですが、ごく限定された例外要件をクリア?してしまったという形です。それも「強制わいせつ」罪では一発退場レッドカードですね。

[刑法]
第176条 13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上7年以下の懲役に処する。13歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。


 本罪における「暴行」は、「相手方の反抗を著しく困難にする程度」のものとされています。今回の中西議員のように不意に抱きつくような行為についてはその根拠づけは説が分かれるところですが、被害者の油断に乗じて行われる場合は比較的軽度の行為でも認められるとか、不意打ちなので「反抗が困難」だとかいう事で「暴行」にあたると判断されます。

 「一日一善」をスローガンに当選されたそうですが、この事態の後ではそのスローガンも余計虚しく響きます。
 ①被害者との示談成立で不起訴の見込み(※親告罪)、②早速議員辞職願提出と、ニュース的には今後さほど長引かない気配もしますが、自民党他の方々には今回の事件を厳粛に受け止めて襟を正して頂きたいと思います。

[刑法]
第180条(※親告罪) 第176条から第178条までの罪及びこれらの罪の未遂罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-03-10 23:54 | ニュースを読む
春の訪れ
<桜開花予想>平年より遅め 東京、静岡は29日
 
 ここ数日急に暖かくなりました。春の訪れを予感させるモノは色々ありますが、以下思いつくままに。


 ・桜の開花予想:今年は平年並み~やや遅めとか
            最近早い年も多かったし、今年は丁度いいのかなと思います
            やはり入学シーズンが一番似合うと思う

 ・マスク着用者増加:今朝すれ違う車の運転手が3人連続でマスク着用
              花粉症の方は車内でも手放せないんですね
              自分は花粉症ではないのが幸いです             

 ・霞み始める空:真冬は家の近所から富士山や新宿高層ビルまで良く見えますが
           だんだんぼんやりしてきます

 ・西へ傾くオリオン座:真南に輝いていたオリオン座も大分西に傾いて来ました

 ・各種手続き:春に車を買ったので毎年3月に車の保険・駐車場更新の案内が。。
          今年は確定申告もあり
          お金の出入りが激しくなります

 ・ウグイス:そろそろ近所でも鳴き始める頃かな?
        既に鳴き始めたところもあるそうです


 厳しい冬があるからこそ、春の暖かさや美しさがより際立つんだと感じます。やはり日本の四季は素晴しいですね。
[PR]
by ex-keita17 | 2005-03-10 00:20 | ニュースを読む