浮世ブログ
longtail.exblog.jp

のんびりといきましょう
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
男一人女一人いれば世界を..
from エクソダス2005《脱米救国..
TOEIC 勉強法
from TOEIC
コストコ
from コストコ 4割引
「オーシャンズ13」慌し..
from soramove
横浜ベイサイドマリーナの魅力
from 横浜ベイサイドマリーナ通信
初泳ぎ
from 初泳ぎ
英語部門情報商材-200..
from 英語部門-情報商材・評価ラン..
ネジ 規格 ねじ(螺子..
from ネジ 規格 ねじ(螺子・捻..
ケンコウ生活 
from ケンコウ生活 健康
速読できると
from 速読
フォロー中のブログ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:旅に出る( 6 )
夏の思い出 ~ 北の大地へ6
【帯広~苫小牧(~大洗)】

b0052601_20285443.jpg いよいよ北海道も最終日。お菓子の名店が多い帯広で、お土産購入を兼ねてショッピング。

 柳月でお土産用の「三方六」をGetした後は、六花亭本店へ。

 お土産以外の目的の一つであった賞味期限3時間!というサクサクパイを購入。コレがまた予想通り美味しかった♪

 コーヒーも無料で飲めるこんな素敵なお菓子屋さんが近所にあったらいいのになー なんて北海道の方が羨ましかったり。


b0052601_2044162.jpg その後は綺麗なお花で有名な紫竹ガーデンへ。

 外国の庭園にでも来たかのような素敵なお庭。園内のベンチに座ると、時を忘れたかのような感覚に陥るくらい素敵な空間。牧草地を個人でフラワーガーデンにしたというオーナーさんの情熱は、素晴らしいの一言です。


b0052601_20533349.jpg 最高に楽しかった旅も間もなく終わり。大洗行のフェリーに乗船し、名残惜しく甲板から外を眺めていると、、、最後に天から素敵なプレゼント。

 何とまさに皆既月食の真っ最中でした♪♪旅行中は全くテレビやニュースを見ず月食も知らなかったので、欠けている月を見て超ビックリ。東京に居たら見えなかったらしく、これまた何という幸運か。

 船上から皆既月食を眺めるなんて人生で一度あるか無いかかも と大いに感激しつつ、素晴らしい思い出を与えてくれた北の大地に別れを告げたのでありました。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-08-28 23:59 | 旅に出る
夏の思い出 ~ 北の大地へ5
 楽しい旅は日が経つのも早く、はや5日目。日ごろの行いが良いからか?毎日好天に恵まれ、北の大地を満喫する素晴らしい日々であります。

【屈斜路~塘路湖~釧路湿原~帯広】

b0052601_19521963.jpgぐるっとパノラマ美幌峠

 屈斜路湖を堪能するため美幌峠へGo。ココは観光スポットと道の駅が一緒になっていて、なかなか素敵なスポット。

 何より屈斜路湖を一望できるビューがサイコー!

b0052601_19564189.jpg そして車を走らせ塘路湖へ。前から行ってみたかった釧路湿原、そして前からやってみたかったカヌーでの川下り、その両方を一度に出来るという素晴らしいカヌーツアーに参加。

 水草や水鳥を眺めながらゆっくりと塘路湖を進み、その後釧路川へ。

b0052601_19583785.jpg 釧路湿原を流れる釧路川はゆったりとした流れで、周りの景色も十分に堪能出来てとっても良かった。

 カヌーの良さは水鳥と同じ目線で進めるってところにもあるけど、途中鴨や青鷺、さらには鹿に出会い、ちょっとだけ自然と一体化出来たかなって感じ。心洗われるようなヒトトキでした♪

b0052601_2051483.jpg さらに釧路湿原を眺めているうちに日没タイム。

 今回の旅では毎日抜群に綺麗な夕陽を拝めている訳ですが、細岡展望台から眺めた釧路湿原の夕焼けもまた絶景。

 毎日素晴らしい夕景を拝めて、幸せです。


 その後車を爆走させ、夜に帯広到着。車を置いて駅周辺を散策し、豚丼やビフトロ丼と美味い酒を堪能し、いよいよ北海道最終日を迎えるのであります。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-08-27 23:59 | 旅に出る
夏の思い出 ~ 北の大地へ4
【ウトロ~羅臼~川湯・屈斜路】

 知床の地で迎えた朝。朝もバイキングを美味しく頂き、いざ知床半島へ。

 知床観光船よりも更に半島に近づけるというクルーザーに乗船。出航時の胸の高鳴りは普通の観光ではなかなか味わえない感覚で、ついに知床まで来たかとちょっと感涙気味。

b0052601_0274012.jpg 風雨で削られた荒々しい岸壁と、源流をもたず浸透水が源だという綺麗で繊細な滝のコントラストがなかなか素敵。

 海風に吹かれながら美しい知床連山を眺め、さらに遠巻きながらも野生のヒグマ(3頭!)にお目にかかることができ、大満足のクルージングとなりました。

b0052601_0334851.jpg お次に知床五湖

 1~2湖のショートコースもあったけど、やはり五湖制覇せねば としっかり1周歩く。お陰で?途中で鹿に出会うことも出来たし、それぞれ趣の違う湖を堪能。赤トンボならぬ青トンボ(エゾイトトンボ)が綺麗で印象的だった。

b0052601_04268.jpg せっかくなので半島を堪能せねばと思い、ちょっと遠回りだったけど知床峠も越えてみた。

 クルーザーで堪能した海の景色も良かったけど、原生林が生い茂る山の景色もこれまた素敵。昨日まで遠くから眺めていた羅臼岳も、眼前に迫るとなかなかの迫力でこれまたGood。

b0052601_0483057.jpg 峠を下ると羅臼の街。休憩がてら道の駅 知床・らうすに立ち寄る。

 車の旅だったこともあり、今回の旅では道の駅に相当お世話になりました。この羅臼はやはり海産物が豊富で、お土産に依頼されていた昆布をしこたまお買い上げ。

 
 その後車を走らせ屈斜路湖畔へ移動し、晩メシは川湯温泉にて。ここでのサプライズは、何気なく入った居酒屋で頼んだラーメンの美味さ。魚介系のダシが出まくりの旨味が凝縮されたスープで、今まで食べたラーメンの中でも間違いなく5本の指に入るお味でした。

 居酒屋が片手間にやってこれだけの味が出せるのに、東京の専門店は能書きばかりでなんとふがいない店が多いのか なんて感じてしまった4日目の夜でした。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-08-26 23:59 | 旅に出る
夏の思い出 ~ 北の大地へ3
【富良野~旭川~網走~ウトロ】

b0052601_221898.jpg 富良野の朝も早起き。

 なんちゃってでは無くホンモノの五右衛門風呂に入る。朝の爽やかな空気・鳥のさえずり・薪のパチパチ燃える音・煙の香り・・・ 何とも言えず気持ち良いもんです。毎朝こんな環境で朝風呂に入れたら最高だろうなあ。

 北海道のヘソと呼ばれる富良野ではこれぞ北海道という景色を堪能。ラベンダーの時期は外れて残念だったけど、あちこちで綺麗な花畑を目にすることが出来て、素敵な土地でした。

b0052601_2131991.jpg 富良野を後にして、その後旭川にちょっと立ち寄る。蜂屋 五条創業本店にてお昼。

 焦がしラードはちょっと独特の味だけど、何となく落ち着く味というか大衆ラーメンの味ってところです。味もさることながら、歴史を感じる大衆食堂的な内装はなかなか味がありました。

b0052601_2151393.jpg その後車をひた走らせ、ホタテ貝の貝殻がゴロゴロしているサロマ湖湖畔を散策し、網走へ。

 網走と言えばやはり・・・と言うことで、しっかり記念?撮影だけはして参りました。レンガのかなり立派な作り&周囲は花壇で飾られていて、思ったよりは寒々しくないなあという印象。まあ夏だし。

b0052601_224430.jpg 知床半島から夕陽を見たい!とまた車を走らせたものの、半島のちょい手前で日没タイム。

 しかしながら小清水原生花園にて眺めた夕陽がこれまたこの上無い位美しく、また夕陽を受ける知床連山の姿も最高にビューチフルでした。

 
 そして夜にやっとウトロ入り。バイキングが豪華な知床プリンスホテルに宿泊し、栄養をつけて翌日の知床観光に備えたのでした。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-08-25 23:59 | 旅に出る
夏の思い出 ~ 北の大地へ2
【(仙台)~苫小牧~美瑛・富良野】

b0052601_0204732.jpg 2日目の朝は頑張って早起きして、船上から日の出をしっかりと拝む。

 夏とはいえ早朝の海風は結構冷たく、半袖ではちょっと寒い位だったけど、綺麗な日の出を拝んで清清しい気分。広い海原を眺めていると、何だか気分が落ち着きます。

 そして10年以上ぶりに北の大地に降り立ち、一路富良野へ。港から出て走ったのが4車線の一般道路だったけど、こういうところでも何となく北海道を実感。

b0052601_026576.jpg「北の国から」資料館

 富良野といえばお約束ですがやはりコレ。内部の写真はWEBには掲載不可で載せられないけど、全ストーリーをもう一度再確認したり、草太兄ちゃんの霊前に立ったりと、「北の国から」のストーリーを現地で満喫。

b0052601_0323235.jpg美瑛の丘

 夕暮れ時に訪れたお隣の美瑛では、美しい田園風景に心打たれる。もうどのアングルでも画になるという感じで、田園風景があんなに美しいとは思わなかった。多くの写真家が愛した土地だというのも頷けます。(写真は特にお気に入りの「親子の木」)


 夜は囲炉裏やら釜戸やら五右衛門風呂がある上富良野のキャラバンハウスちにたなるちょっと楽しいお宿にお世話になり、2日目はあっという間に終わったのでした。

 広大な風景を眺めていると気持ちが広くなる感じがして、やはり北海道はイイなあ。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-08-24 23:59 | 旅に出る
夏の思い出 ~ 北の大地へ1
 やりたい事をやり、行きたいところへ行く、そんな理想的な生活にちょっとだけ近づきつつある最近の勢いそのままに、行きたかった北の大地へとこの夏旅立つことが出来た。

 1~2泊近場で というお手軽旅行では無く、かなり久々の本格的な旅。お手軽旅行とは出発前のワクワク感がまるで違います。やはり旅はこうでなくては。


【東京~仙台~(苫小牧)】

 憧れだったマイカーでの北海道旅行を実現させるため、往路は仙台からフェリーで苫小牧へ上陸するコース。仙台まで300km超の長距離運転も、先立つ期待感で全く苦にならず。乗船前には街で牛タンを頂き、準備?は万端。

b0052601_0313545.jpg 車でフェリーに乗るのは初めてなので、これまたワクワク(・ドキドキ)。車検証やら乗船名簿やらを提出し、あとは指示にしたがって乗るだけと、思ったより簡単でした。

 自衛隊の車輌や大型トラックなどが乗るだけあって、フェリーはかなりデカい。

b0052601_0363912.jpg 船内には展望風呂やらゲームコーナーやらがあって、想像以上に快適。特に海を眺めながらの入浴は気持ちよかった♪

 船長コスプレ衣装なども用意されていて、なかなか飽きない船内でした。翌朝には北海道に着くと思うと、ちょっと興奮して寝付けない1日目でありました。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-08-23 23:59 | 旅に出る