浮世ブログ
longtail.exblog.jp

のんびりといきましょう
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
男一人女一人いれば世界を..
from エクソダス2005《脱米救国..
TOEIC 勉強法
from TOEIC
コストコ
from コストコ 4割引
「オーシャンズ13」慌し..
from soramove
横浜ベイサイドマリーナの魅力
from 横浜ベイサイドマリーナ通信
初泳ぎ
from 初泳ぎ
英語部門情報商材-200..
from 英語部門-情報商材・評価ラン..
ネジ 規格 ねじ(螺子..
from ネジ 規格 ねじ(螺子・捻..
ケンコウ生活 
from ケンコウ生活 健康
速読できると
from 速読
フォロー中のブログ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
愛ルケ
b0052601_0205353.jpg この手の映画って今まで見たこと無かったけど、「愛ルケ」の略称で世間でかなり話題だし、最近妙にハイレベルな自分の中の知的好奇心も手伝って、とりあえず一度観てみるかってコトで。

 仕事の関係で以前荒筋などを聞いてたこともあり、ストーリーにあまり新鮮味は感じ無かったけど、愛の行き着く果てというか、多分に文学的な要素のある内容はやはりかなり刺激的。自分の場合大切な人は宝箱に入れておきたいというか逆に距離は保っておきたいなんて思うけど、、映画の二人は互いにどんどんのめりこんで同化せんばかり。

 究極的にベクトルが合うとああいう世界もあるのかなあとも思うけど、自分のような人間にはどこか文学作品の中のちょっと浮世離れした話という印象は拭えず。。でもまあ相手の望みを叶えたいっていう思いはよく分かるし、人間なら誰しもが心のどこかにああいう熱情的な世界への憧れみたいなものはあるんだと思う。

 
 さてキャスト的にはメインの2人は良かったけど、ストーリーの脇を支える弁護人陣内・検事ハセキョー両氏がちょっと役柄に合ってなかったかなあという感想。2人共好きなタレントさんなだけにちょっと残念。役者ってのもまた難しい職業だ。
[PR]
by ex-keita17 | 2007-01-24 00:37 | 息をぬく