浮世ブログ
longtail.exblog.jp

のんびりといきましょう
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
男一人女一人いれば世界を..
from エクソダス2005《脱米救国..
TOEIC 勉強法
from TOEIC
コストコ
from コストコ 4割引
「オーシャンズ13」慌し..
from soramove
横浜ベイサイドマリーナの魅力
from 横浜ベイサイドマリーナ通信
初泳ぎ
from 初泳ぎ
英語部門情報商材-200..
from 英語部門-情報商材・評価ラン..
ネジ 規格 ねじ(螺子..
from ネジ 規格 ねじ(螺子・捻..
ケンコウ生活 
from ケンコウ生活 健康
速読できると
from 速読
フォロー中のブログ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
轢かれし者達。。
 ここのところ 道を歩いていると色々な「轢かれし者達」に遭遇します。

【1:セミ

 これでもかという位路上で轢かれています。まあこれだけたくさんいるので仕方がないといえば仕方がないんでしょうが。生きているのに路上にとまっているセミが結構多いので、せめて木にとまってくれよと思いますが、とまれない位セミが引っ付いている木もありますね。
 路上の彼らは木にとまれなかったのか、疲れているのかよく分かりません。轢かれている彼らが全て死後ならまだ救われますが、結構生前に轢かれたのも多いんでしょうね。

 しかしながら羽化する前に轢かれてしまった幼虫を見ると切なくなりますね。長い間地中で過ごして「さあ地上へ!」と勇んで地上に出たものの、成虫になる前に死んでしまったのですから。。


【2:カエル

 先日は立派なカエル(体長15cm程度:ヒキガエル?)が無残にも轢死しているのを見かけました。たぶん車に轢かれたのでしょう。
 セミならば人がうっかり踏み潰すこともありますが、あんな大きなカエルを人が踏んづけて殺すことはないかなと(ペッチャンコでした)。うちの近所では滅多にお目にかかれないので、生きている状態でお目にかかりたかったものです。


【3:バッタ

 今夜は結構大きなバッタ(ショウリョウバッタと思われる)が轢かれておりました。住宅地の道の真ん中で轢かれているというのもちょっと珍しい光景でした。


 我が家の周りも昔は小さな山や空き地・草むらがありましたが、開発でめっきり少なくなってしまいました。小動物が路上に出てきてしまうのもその辺に原因があるのでしょう。

 何はともあれ彼らの御冥福をお祈りいたします。皆様も夏の夜道は気をつけましょう。路上に何がいるかわかりません。。


 明日から一泊で旅行に行って参ります。都心を離れて自然を満喫したいところ。伊豆方面に行くのですが天気予報がぁ。。。。。日頃の行いが悪いんでしょうかね?
[PR]
by ex-keita17 | 2005-08-21 22:15 | 雑記・雑感